建築設備の設計事務所 タナカグループより

弊社は一級建築士事務所登録をされた建築設備を中心とした
設計事務所が行う企業実践型のCADオペレーター養成機関です。

企業実践型CADオペレーターの養成とは?

昨今、様々なCADスクールがありますが、ほとんどのCADスクールでは資格取得を目的としており、実践的な仕事として活躍する為のCADオペレーターの育成には程遠い状態となっていることが多いと言えます。
弊社では、実際にゼネコン、サブコン様から依頼された図面作成のノウハウを持ち社員教育のようにマンツーマン方式で指導しております。
ですから、設計事務所の雰囲気を肌で感じとりながら、CADの操作及び知識を学ぶことが出来るのです。
いわばスクールの域を超えたCADオペレーターという人材教育の場となっています。

建築設備とは?

建築分野の中では、主に建築と建築設備に分かれています。建築の方は意匠や構造という分野に分かれており、建物そのもののことについて扱います。
それに対し、建築設備の方は、空調、衛生、電気と3つの分野に分かれており、建物の内部生活空間について扱うことになります。
一般的には建築の方が花形ですが、設備を行う人が少ない為に需要があり、手に職となるのです。
又、建築設備図面は建築図面の上にデザインしていくことから、どちらの知識も有することが出来るため、幅広い活躍が見込まれます。

企業実践型 CADオペレータ養成コース一覧
 50時間マスターコース  200,000円(税込)  2~3ヶ月の中で時間のゆとりがある方に最適!
 20時間ベーシックコース  80,000円(税込)  2週間~1ヶ月くらいの中で基本的なことをしっかりと学ぶコース
 4日間短期集中コース(8時間) 32,000円(税込)   短期間で集中的に学びたい方にお勧めです。

※使用CAD・・・主にCADWell CAPE(建築設備専用CADソフト)を使用します。

シード面接致します

マスターコース、ベーシックコース受講終了後、希望する方には検定試験を行い、ある一定レベルをクリアされた方には、当設計事務所へのシード面接も可能です。
但し、面接の結果は人間性や将来性も踏まえて判断させていただきます。



Since1988  GROUP TANAKA All Rights Reserved.